住まいの見直しから省エネルギー活動を始める

高齢者のいる住まい~快適な生活をする為に

住まいの見直しから省エネルギー活動を始める 高齢者にとって、家の中には危険な場所がたくさんあります。ちょっとした段差でもそうですが、若い人にとってはなんでもない小さな段差であっても、高齢者にとって大きな障害物になってしまうのです。では高齢者のいる住まいではどのような工夫が必要なのでしょうか。まず足元には障害物になるようなものは置かないようにしましょう。後でしまうからといって置いてしまうと気付かずにつまずいてしまうかもしれません。また、床に絨毯など引くのも危険です。少しでもめくれあがったりしているとそこに足を引っ掛けて転んでしまう可能性があるのです。転倒防止のためにも出来るだけ床に敷かないようにしましょう。また、家の中に手すりを設置しましょう。お部屋の中に手すりを設置することで高齢者の方にとってはとても役立ちます。

しっかり掴まって立つことが出来るので大変便利です。また、家具などは固定しておきましょう。手すりなどがない場合、高齢者の方が掴まって立ちあがったりする場合があります。固定しないと転倒してしまったりする場合があるので注意が必要です。また、廊下など夜暗くなる部分には足元を照らすランプを設置しましょう。自動で点灯するものもあるので是非利用しましょう。

Copyright (C)2022住まいの見直しから省エネルギー活動を始める.All rights reserved.